似た者同士がカギを握る

現役保育士が安心&喜びを提供している佐藤康子です。

初対面の人とコミュニケーションをするとき、どこに視点を置いて話していますか?

相手のことを知るためには、まず相手のことを観察する必要がありますよね。

観察するためには、相手の洋服や身に着けているモノから判断していくことも多いのではないでしょうか?

そうして自分と同じものを身に着けて、考え方が同じだと安心して心打ち解けやすいと思われます。

仲の良い友人をイメージしてみてください。

同じ考え方だったり、同じ趣味だったり、同じ共通点が多いことが分かりますよね。

それと同じように初対面の方と仲良くなるためには、自分と同じ部分を探していきます。

あくまでも一般的な例ですが

コミュニケーションのなかから

身に着けているものから

持ち物をよく観察して

思考癖や考え方から

どんな方法で探してもOKなので、自分なりの方法で探ってみてくださいね

相手と心を開いて打ち解けるためには、同じを探すことが大事かもしれません。

初めての場所、初めての人でも、この方法なら安心してコミュニケーションを楽しむことができると思います。