今日は山の日だが・・・

今日は山の日なのだが、残念ながら朝から雨に見舞われている。

去年もおととしも一応山へ行ったものだが、肝心の空模様がこんな調子ではどうしようもない。

神奈川の山といえば小田急沿線にある丹沢や大山などが有名だ。

しかし、そこへと向かう肝心の小田急が今、一時的にストップしているそうである。

まあ、山というのは、甘く見ているととんでもない牙を剥いてくることがある。

かつて谷川岳に登ったことがあるが、頂上にたどり着いたときは本当にいい天気だったにもかかわらず、下山し始めた途端に雨雲が集まってきて、激しい雷雨に見舞われたものだ。

「山を甘く見てはいけない」というのは、これまで数多くの山を登ってきたなかで得た教訓だ。

もちろん、私なんぞがわざわざ言わなくても、山での事故のニュースを見れば明らかだが・・・。

ずれにせよ、そんなわけで今年は無理をせず、おとなしく自宅で高校野球中継などを観ている。

本日が大会4日目なわけだが、今日は「なんでこんなに強豪校ばかりが集まったのだろう?」と不思議に思うくらい、強いチームが集まって対戦する。

今は第一試合の広島代表の広陵と愛知代表の中京大中京が対戦している。

両校とも、過去に甲子園での優勝経験が複数あるだけに、一回戦で当たるのがもったいないくらいだ。

このあとも、神奈川代表の横浜や和歌山の智辯和歌山、大阪代表の大阪桐蔭など、下馬評で優勝候補と目される高校が続々登場する。

まるで、準々決勝のような充実ぶりではないか!

こんな凄い対戦を見られるのであれば、「山に行かない山の日」も悪くないかな?と思わずにいられない。

というわけで、野球中継のなかでいくつか訪れるであろう試合の「山場」を見ながら、のんびりと過ごそうかな?と考えている今日の私であった